コンテナ販売業者の活用やトランクルームを活用した方法がある!

販売業者からコンテナを購入・レンタルして管理できる!

レンタル収納スペースに必要な設備・用具

  • 駐車場と車止め
  • 看板
  • 電灯
  • 監視カメラ

トランクルーム活用のメリットをご紹介!

スペースを確保できる

オフィス内が荷物で圧迫された空間だと、従業員のモチベーションの低下に繋がってしまします。しかし、トランクルームを活用すれば、トランクルームに使わない荷物を保管することができ、オフィス内の空間を有効活用することができます。

セキュリティの面で安心

トランクルームのサービスの契約内容は、寄託契約によるものです。したがって、管理会社には物品の保管義務がありますので、セキュリティの面で安心できます。また、万が一物品が破損・紛失した場合の補償も受けることができます。

使い勝手が良い

最近では、24時間365日対応可能なトランクルームがあります。いつでも物品を搬入・搬出することが可能なので、使い勝手が良く、ビジネスを安心かつ円滑に行うことができるでしょう。トランクルームは利便性に優れていると言えます。

コンテナ販売業者の活用やトランクルームを活用した方法がある!

ダンボール

物品の管理は大切

企業において、物品の保管スペースを確保しておくことは大切です。自社に保管できない場合や、オフィス内に仕方なく保管している場合は、業務の安全面・効率性に支障が出てしまいます。したがって、企業でどのように物品を管理するのか考えることが大切です。

トランクルームを活用する方法

保管スペースを確保する方法として、最近では、トランクルームサービスが注目されています。トランクルームサービスとは、倉庫業者との寄託契約によって、物品を預けて管理してもらうサービスです。倉庫業者には物品の管理義務が発生するので、安心して預けることができます。また、トランクルームサービスでは、レンタル収納スペースや野外コンテナとの契約と違って、万が一物品の破損・紛失があった場合は、倉庫業者による保証が受けられることも大きな魅力です。

自社で管理する場合

また、業者との契約ではなく、コンテナ販売業者から購入して、自社でコンテナ内に物品を保管する方法が挙げられます。インターネットを活用することで、コンテナ販売を行っている業者を探すことができます。見つけた業者のwebサイトから、自社に合ったコンテナを探しましょう。また、コンテナの購入ではなく、レンタルをすることもできるので、コンテナを活用したいと考えている企業の方は、webサイトを参考にすると良いでしょう。

物品の安全性や機能性を大切に

どちらの方法をとっても、やはり物品の安全性や機能性を考えることは大切です。それぞれの管理形態の特徴を理解した上で、業者と契約して物品を管理するか、コンテナ販売業者から購入して自社で管理するか検討することが大切です。特に、物品の安全性や機能性に着目しながら、自社に合った管理方法を選択しましょう。

広告募集中