貸倉庫は専門の検索サイトを活用することで簡単に探すことができる

物品の管理を適切に行おう

企業において物品を管理する方法を考えることは大切です。物品の保管スペースを確保できずに、オフィス内の空間を圧迫したり、物品の安全性を損ねたりする恐れがあります。業務の効率性や安全性を考えても、貸倉庫等を活用して物品を管理する方法を明確にしておきましょう。

貸倉庫やトランクルーム等を活用して物品管理を行おう!

トラックと倉庫

管理する形態は色々

物品の管理で困っている企業も多いのではないでしょうか。物品の管理を適切に行わないと業務の効率性を損ねてしまう恐れがあります。したがって、自社に合った管理形態を検討することが大切です。企業が物品を管理する形態には、色々なものがあります。まず挙げられるのが、トランクルームによる管理です。トランクルームによる管理は、寄託契約によって物品の保証がされている点で魅力的な形態となっています。また、レンタル収納スペースや野外コンテナによる管理が挙げられます。賃貸借契約によって管理されるので、保証責任はありませんが、空間を借りているので、利用時間は原則自由な点が魅力です。他にも、物置を設置して管理をするよいう方法もあります。最近では、中古で安く販売されている置物もあり、種類も豊富に揃っています。ネットからも簡単に購入することが可能なので、一度検討してみるとよいでしょう。

webサイトを活用して収納方法を検討しよう

大阪や埼玉で貸倉庫を借りたいと考えている会社は、インターネットを活用することで効率的に探すことができます。Webサイトの中には、貸倉庫に特化したサイトがあります。地域や賃料など、自社に合った条件に絞り込んで検索することができるのでとても便利です。また、コンテナを利用して荷物を管理する方法もあります。会社によっては、ドライコンテナが必要なところもあるのではないでしょうか。ドライコンテナや色々な種類のコンテナ等を、販売業者から購入することで管理をすることもできます。このようなコンテナ販売業者もwebサイトを活用することで便利に購入することができますので、ぜひインターネットを活用して、自分に合った管理方法を検討しましょう。

貸し倉庫契約までの流れ

お問い合わせ

掲載されている物件について興味のある貸し倉庫があればお問い合わせを行いましょう。Webサイトを活用すれば自分の条件に合わせて貸し倉庫を見つけることができます。また、webサイトからは、気軽にお問わせを行うことができるので便利です。

物件の紹介

お問い合わせを行ったら、倉庫業者から物件の紹介を受けることができます。紹介の際は、実際にスタッフと同伴して現地で貸し倉庫を確認します。その上で、倉庫をしっかりと確認して本契約をするか検討しましょう。検討する際に、貸し倉庫契約に関する疑問点等をしっかりと解消することが大切です。

申し込み・ご契約

現地調査を終えたら申込書を提出しましょう。申込書に契約条件や内容を確認した上で必要事項を記載の上押印を行います。法人契約の場合は、会社謄本や会社印鑑登録証明書も必要になるので注意しましょう。契約後のサポート体制についても確認しておくことが大切です。

貸し倉庫の法人契約で必要な持ち物

  • 会社謄本
  • 会社印鑑証明書
  • 連帯保証人の印鑑証明書
  • 実印
  • 支払い料金等

契約を結ぶ際のポイントとは?

トランクルーム・レンタル収納スペース・野外コンテナといった利用形態の違いを理解した上で契約を結ぶことが大切です。注目すべきポイントは、「契約形態」と「保証」です。それぞれの魅力を踏まえた上で、自社に合ったサービスを選びましょう。

広告募集中